依頼する際に確認するべきこと

オリジナル紙袋で好感度アップ

今やショッピングバッグといえばビニール袋が大半です。しかし、展示会や記念パーティーで資料や粗品をオリジナルのビニール袋に入れてくれることが多々ありますが、持ちにくく、手も痛くなります。その点、紙袋でもらうと、スマートに持てるので、喜ばれます。また、紙袋はビニール袋より捨てられにくいことも特徴です。出来合いのものでなく、オリジナルの紙袋があれば、会社やショップの好感度がアップし、アピール効果も期待できます。

オリジナルの紙袋と言えば、今やインターネットで注文できる印刷業者さんが増え、簡単にオリジナルの紙袋を調達できるようになりました。小ロットでの注文やサイズ、紙の種類なども選べるので、小さいショップや単発の展示会やセミナーなどで在庫を気にせずオーダーができます。簡単にオリジナル紙袋が作れるのですが、依頼する前に注意すべき点があります。

オーダーの際の注意点

インターネットでオーダーする場合、自分で入稿することになります。お店や会社のロゴやキャッチフレーズなどが印刷形式に合うかどうか、入稿データを予め調べておきましょう。入稿する際には、印刷業者が提供しているテンプレートを使います。作業環境でテンプレートが使えるかどうかのチェックもしてください。

次に予算を決めます。予算は、サイズ、紙質、ロット数などからだいたいの試算をしていきます。サイズはセミナーや展示会であればA4サイズの書類が入れられる大きさが必要ですし、雑貨や小物のお店であれば、小さいサイズの紙袋、といったように適したサイズを決めます。その後に紙質や紙のコーティングの有無などを整理しながら幾らまでなら予算を割り当てられるかどうかを検討していきます。

オリジナルの手提げ袋は、独自にデザインされ、他の企業や人が使っていないような手提げ袋です。業者に頼まず自分たちでデザインすることもあります。