お店のオリジナリティを出すのに欠かせないという理由で、オリジナルの紙袋を用意する店は多くあります。でも一般的にはオリジナルの紙袋を自分で作ることは難しいので、印刷会社に作成を依頼します。オリジナル紙袋の魅力についてや上手な印刷会社の選び方を含め、納得のいく紙袋を作るために必要な情報をお伝えします。

魅力的なオリジナル紙袋とは?

オリジナル紙袋は店にとって必要なのか?

魅力的なオリジナル紙袋に必要な条件とは?

オリジナル紙袋を作るメリット・デメリット

広告塔としてのオリジナル紙袋のメリットとデメリット

オリジナル紙袋を作成する最大のメリットは、消費者がそのオリジナル紙袋を見る事で、企業(店舗)の宣伝効果になる事です。オリジナル紙袋に消費者が興味を示し、インスタグラムに掲示したりすると、急激な企業(店舗)アピールに繋がり、売上に直結する可能性もあります。店舗の看板と違い、紙袋は不特定多数の消費者に対する広告塔となります。又、オリジナルであるが故に、個人でも有効に活用することが出来ます。友人や大事な人にプレゼントする際に、オリジナル紙袋を使用すれば、プレゼントのインパクトも増します。 逆にデメリットは、独自に作成するが故に、コストがかかることでしょう。紙袋の大きさ、配色、デザイン、紙の種類にこだわりを持てば持つほどコストが高くなる点です。

消費者の目を引くオリジナル紙袋

紙袋を使用する大きな理由としては、その紙袋を見る事で、店舗が判明し(もしくは消費者の記憶に残るような印象を抱かせる)、動く広告等として店舗(会社)のアピールが出来ることです。例えば、魚屋の場合、その店舗の一押しの魚や海をイメージした柄の紙袋。伝統工芸品店舗でしたら、工芸品をイメージした絵や和紙に独自のデザインを施すなど。 その為には、消費者がその紙袋に興味を示すようなデザインを施すことが必要です。オリジナル感を出し、消費者の目を引く為に、配色、紙の質、大きさに独自性を演出する事が消費者の目を引く魅力的な紙袋として必要不可欠です。又、紙袋が商品の大きさに適している必要があります。お酒の瓶を入れる紙袋なのに横広の袋ですと商品を運びにくいですね。商品を入れた状態でしっかりフィットしている事で運んだ状態でも不快感を抱かせない事が大事です。

オリジナル紙袋を作成する

オリジナル紙袋は自分で作ることができます。実際に小さなお店や手作りにこだわりのあるお店などは、紙袋を手作りしていることもあります。しかし、多くの場合、印刷会社に作成を依頼します。プロの印刷会社に依頼する際に必要になる情報についてご紹介します。

印刷会社に依頼する前に決めておくこと

オリジナル紙袋の作成を印刷会社に依頼する際には、用途に合わせてサイズや材質、模様、文字などのイメージを考えることが大切です。特に、小売業や販促活動などに役立つものを選ぶにあたっては、デザインだけで…

自分に合った印刷会社の選び方

オリジナル紙袋を作成する際、印刷の部分はどうしても印刷会社にお願いする必要があります。ここで自分に合った印刷会社かどうかを選ぶポイントとして重要なのが、自分の希望に沿った注文に対応してくれる印刷会…

依頼する際に確認するべきこと

今やショッピングバッグといえばビニール袋が大半です。しかし、展示会や記念パーティーで資料や粗品をオリジナルのビニール袋に入れてくれることが多々ありますが、持ちにくく、手も痛くなります。その点、紙袋…

遮光性を持たせる紙袋の印刷方法について

紙袋の印刷は店名や商品名などを入れる宣伝目的の他、内容物を日光で劣化させないための遮光性を持たせる意味合いもあります。遮光性を持たせる印刷は専門技術が不可欠なので、業者に依頼する際は注意が必要です。